販促品と集客の繋がりを考える

販促品の効果とは

販促品の効果とは

一昔前はどの企業も販促品として、こぞってティッシュペーパーばかり配っていたものですが、それって本当に販促になっていたのでしょうか。
ティッシュペーパー、確かにもらうと嬉しいですが使ったら終わりですよね。
コストがかからないからといって安いティッシュペーパーを誰かれ構わずばら撒いたところで、わざわざ印刷された情報に目を通す人はほとんど居ないはずです。
そして配った相手が必要としている情報とマッチしている確率だってとても低い。
それなら最初から、ターゲットを絞った販促品を配るべきではないでしょうか。
最近は企業も手を変え品を変え、様々なアイテムで顧客獲得のための工夫をしています。
例えば車会社のロゴ入りキーホルダー。
車を所有している人は必ず鍵を持っていますし、欲しいと思う層も多いはず。
就活情報が書かれたクリアファイルは、就活真っ最中の学生にはありがたい一品です。
このようにただただ機械的に販促品を配るよりも、ターゲットを絞ったアイテムや情報を掲載することにより、必要な層へ必要な情報がきちんと行き渡るのです。
そうした方がより効果的に、また短時間に販促効果が得られるはず。
まずはその無駄なティッシュペーパー印刷、やめてみませんか。

喜ばれたいならカタログ形式の販促品を選択する

ビジネスの世界は社交辞令で成り立っている部分が多々あるので、嬉しくないものを貰っても笑顔でお礼を伝えるのが美徳とされています。
他方、相手の意にそぐわない一品を与えてしまったことによって以後の取り引きの件数が少なくなる可能性が否定できません。
相手の立場で考えると、日ごろから付き合いがあるにもかかわらず自身の好みを把握してくれていないと感じられてしまいます。
すると、お互いの関係性に小さが亀裂が生じてしまいかねません。
とりわけ販促品の受け渡しではしばしば見られる光景であり、渡す側の人物はよく考えることが求められています。
販促品の中でもカタログ形式のものであれば、相手が喜んでくれる可能性が高いです。
カタログに掲載されている品であれば何でも好きなものを選択することができるので、相手の意にそぐわない販促品を手渡す可能性を低くすることができます。
また、カタログ形式の販促品は贈る人にとってもメリットがあります。
相手がどのような一品を好んでくれるのかについて考える手間が省けるので、お互いの関係性に共通点のあるカタログを選択するだけで事足りるからです。
あくまでもビジネスの補助的な道具として捉えるべきものなので、選ぶ時間を短縮するために効果的と言えます。

販促グッズの関連情報サイト

販促グッズの準備をお考えの方におすすめのサイトです。

販促グッズ