販促品と集客の繋がりを考える

販促品で「缶バッジ」をつくる

販促品で「缶バッジ」をつくる

販促品の作成でお悩みの方にオススメしたいのが、缶バッジの作成です。
意外と知られていませんが、非常に安価で大量かつスピーディーに納品されることもおすすめできる理由です。
缶バッジのデザインはデータにて入稿可能なため、手間もかかりません。
そして、その土台の形に関しても丸型だけでなく楕円形や長保形、正方形などの四角いタイプもあるというのがポイントです。
やはり丸型だけであるとどうしてもデザインに限りがあり、思うようなデザインを作成することが難しいとも言えます。
しかし、長方形などであれば文字のレイアウトなどもしやすいため、販促品としては高い効果を発揮することが期待できます。
その単価に関して、一個あたりの価格は50円程度で、大量に注文することでこれよりも単価は下がっていきます。
やはり、販促品というのはコストをかけにくい部分でもあるので、このコストパフォーマンスの高さは非常に魅力的だと言えます。
よって、販促品に缶バッジがオススメなのです。

販促品の代表は「ボールペン・シャープペンシル」

セールスプロモーションの一手法である販促品には、ポケットティッシュやクリアファイル、フリーペーパー、うちわ、などさまざまな種類がありますが、代表的なもののひとつに、ボールペンやシャープペンシルといった筆記具があります。
ボールペンやシャープペンシルなどの筆記具が販促品として好まれる理由には、企業名や企業ロゴ、商品名などを気軽に入れることができる、ひとつが低価格なため大量に安く作ることができる、小さいため置き場所に困らない、軽いため運びやすい、などがあげられます。
また、色を選んだり、多機能なものにしたりすることによって、個性を出すことも可能でしょう。
もらう側にしても、筆記具は日常的に使える実用品なので、もらって困ることもありません。
そのため、ボールペンやシャープペンシルなどの筆記具は、万能な販促品とも言えるのです。
もし、何を販促品にするかお悩みでしたら、候補のひとつにしてみてはいかがでしょうか。