販促品と集客の繋がりを考える

販促品の金額は高いほど結果が出やすくなる

販促品の金額は高いほど結果が出やすくなる

経費節減という大義名分のもと金額が安い販促品ばかりを好んでいれば、それなりの結果しか出なくなります。
安物を受け取って心の底から喜んでくれる相手はいませんし、何より金額相応の関係性しか築けていないのかと勘ぐられてしまいかねません。
より良い関係性を維持し続けたいのなら、販促品の金額には糸目をつけないようにするべきです。
相手に好意的な感情を抱かせることを目的とするのはもちろんですが、それ以上に高い金額の販促品には嬉しい効果があります。
販促品に多くの経費をかけられる企業であると判断されるので、企業体力があり長期的に安定した取り引きが見込めると評価されます。
他方、安いものを選んだり何も持参しないで商談に臨む企業は先行き不透明と判断されかねません。
とりわけ後者の事例では黄色信号が点ってしまうと考えるのが妥当なので、特別な事情がない限りは過度に経費節減を謳うことなく取引先との良好な関係を築くようにするのが良いです。

販促品の商品の吟味は熟慮すべき

販促品というは、その商品を定着させ、販売層の開拓や拡大を狙うものですので、個数がおおければいいというものでもないです。
一般的に無難な文房具でボールペンやオフィスでつかうティッシュペーパーなどをしますが、果たして費用対効果があるのか疑問です。
普通に考えて商品名が書いたボールペンを使用するはそれほどなく、むしろ使うのが恥ずかしいのでしまっているのでは販促品にはなりません。
やはり販促品は、注目を集めるものでないとダメで、無難なラインはさけたほうがいいです。
最近のトレンドとしては、プレミアム感のあるものが多く、アニメとコラボしたフィギュアなどがあげられます。
確実に購買層を絞っていくには、ターゲットをはっきりさせるべきでそのターゲット層から想定される汎用品でないプレミアム感満載の商品をえらぶべきです。
ただしその販促品の作成企画には多大な費用が掛かる恐れもありますが、効果絶大なものであればいい販売促進への投資と言えます。