販促品と集客の繋がりを考える

販促品の立案の際に考えること

立案の際に考えること

販促品の立案の際には、次のような点に注意しながら検討します。
まず、どのような効果を狙うかです。新装開店の告知など、短期的に集中して投下する場合には、簡単かつ大量に配布できるものを考えます。
具体的にはティッシュやうちわなどです。駅前などで配っているものを一度は目にしたことがあるでしょう。
逆に長期的な取引の場合には、何度も目にしてもらえるようなものを検討します。電話の横に常備するメモ帳や、年末年始ではカレンダーなどがあります。
次に金額です。潤沢に使えるのであれば印象に残りやすいカレンダーを、費用を抑えなければいけないようなときには大量ロットでも安く名入れできるものを選びます。
また、展示会など多くの業者が一堂に会する場ではバッグや袋を作成すると、販促品を受け取った人だけでなく、周囲の人に対しても認知してもらうことができます。
いずれにしても販促品の立案の際には、「いかにコストパフォーマンスよく周知を狙えるか」を念頭に検討しましょう。

販促品の効果について

実際には顧客の満足度をあまり得られない販促品でも、商品に付ける事により通常より販売効果が出るとされています。
特にコンビニなどの店舗では買い物にあまり時間をかけることが少なく、商品購入が即決の場合が多いので、商品に付ける事だけでも売り上げが伸びる結果が出やすい方法です。
しかし、さらなる販売効果を上げるためには、販促品に付加価値をつける事が重要になります。販促品のみの生産で販売しない事で、限定感が付加され、顧客の購買威力をあげる方法では特に魅力のある商品企画が必要となりますが、メーカーのフアン層やキャラクターのフアン層をターゲットにした販促商品の企画は効果が出やすい方法です。
特に、シリーズ化して季節ごとに規格をうつとその効果も上がるようです。この場合は実用性のない商品でもコレクション意識に訴えることが出来るので、企画の幅が広がります。
販促品そのもののフアンをつかむことで、商品のリピート購入を促すため、即効性がある方法だと言えるでしょう。